正社員上場企業外資系企業転勤なし

【みなとみらい】製品企画(市場調査、消費者調査) ※韓国トップの現代自動車の日本法人/残業月10時間/ 株式会社 現代自動車日本技術研究所

<予定年収>
掲載終了
offer_image

仕事内容

~グローバルシェアトップ5/FIFA等の選手の移動用車両等の提供/6年で2倍規模に成長/残業月10時間程度/みなとみらい駅直結・転勤無の働きやすい環境~

■業務内容:
製品企画担当として、下記の業務を主に担当いただきます。
・日本自動車市場分析 ・消費者リサーチ企画、運営 ・他社製品調査、分析等

■職場環境:
当社では、アカデミックな雰囲気の中で自由な発想と創意工夫に基づいた研究活動を奨励しております。1フロアで日本所長との距離が近く、自身の意見や提案が届きやすい環境で裁量を持って働くことができます。プロジェクトも1年毎程度のスパンで変わっていくため、次々と新しいことに挑戦できる、スピード感ある社風です。
残業月10時間、みなとみらい駅直結のオフィスで転勤はございません。そのため長期的に腰を据えて働ける環境です。

■魅力:
韓国のトップ自動車メーカーである現代自動車(Hyundai Motor Company)のR&D事業部門の日本法人として1995年に設立されました。世界各国にあるR&D拠点(韓国、日本、アメリカ、ドイツ、インド)の中でも、日本が得意とする環境車技術、次世代電子技術、デザイン開発に特化し、次世代技術の研究開発を推進しており、グループの研究開発戦略を担う重要拠点として期待されております。
韓国企業ではありますが、社員は日本人がメインで、社内では日本語のコミュニケーションが中心です。現代自動車は1967年創業し現在は韓国国内で最大のシェアを占める自動車メーカーに成長しました。BRICSを中心にグローバル販売台数を着実に伸ばしております。世界新車販売台数ランキングでは世界第5位であり、ホンダ、フォードといった企業よりも販売台数では上位となっております。世界中で最も人気のあるサッカー競技によるスポーツマーケティングを積極的に展開、ブランド認知度をアップさせてイメージの向上に努めております。2006年FIFAドイツワールドカップの公式スポンサーに続き、2014年まで自動車部門唯一の公式パートナーとして、各国の選手の移動用バス、マイクロバス、FIFA、JAWOC、地方自治体などの送迎車両、大会運営スタッフの移動用車両を提供しております。

募集概要

職種
商品企画・サービス企画
種別
正社員
給与
<予定年収>
500万円〜1,000万円(残業手当:有)

<月額>
300,000円〜
基本給:300,000円〜

<賃金形態>
年俸制
補足事項なし

<昇給有無>


<給与補足>
※給与詳細は経験・能力・前職給与などを考慮のうえ決定
■評価制度:個人の業務成果に応じインセンティブ支給
■昇給:年1回
■賞与:年2回(6月・12月)

予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。
月額は固定手当を含めた表記です。
勤務地
<勤務地詳細>
本社
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-1 みなとみらいセンタービル16F
受動喫煙対策:敷地内喫煙可能場所あり
勤務時間
9:00〜18:00 (所定労働時間8時間)
休憩時間:60分(12:00〜13:00)
時間外労働有無:有
休日/休暇
完全週休2日制(かつ土日祝日)
有給休暇10日〜20日
休日日数121日

夏季休暇、年末年始休暇、特別休暇、慶弔休暇、有給休暇(入社後6ヶ月経過後に10日間適用/入社月に応じて付与※初年度は最高10日)

応募資格

<必要業務経験>
■必須条件:
国内自動車メーカ/サプライヤーでの市場調査、消費者調査、他社ベンチマーキング経験

福利厚生 / 待遇

通勤手当、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

<待遇・福利厚生補足>
通勤手当:100,000円まで支給
社会保険:社会保険完備

<教育制度・資格補助補足>
プロジェクト遂行のための各種セミナー支援など、自己開発のための教育制度あり

<その他補足>
■団体保険加入
■社内レクレーション(スポーツ、家族Day、食事会など)
■昼食費補助、残業時食事代支援
■スポーツジムマシン完備
■慶弔見舞金支給制度
■海の見える休憩スペース
■社内語学研修制度
■会員制福利厚生クラブ加入
■業務関連セミナー参加支援

企業情報

会社名
株式会社 現代自動車日本技術研究所
業界
自動車(四輪・二輪)
事業内容
■概要: 現代自動車日本技術研究所は、ヒュンダイモーター(HYUNDAI MOTOR COMPANY)の研究開発拠点として日本に設立されました。(ヒュンダイモーターのR&Dセンターは韓国内6ケ所、海外5ケ所)韓国本社の電子開発センターが持つグローバル商品開発機能のリード役として、日本ベンダーとの共同開発を行い、日本の競合他社と同一レベル(商品力、時期)の商品の展開を推進しています。また、韓国本社での開発への参加、日本での開発への韓国担当者の参加を通して次世代技術の研究開発推進を図っています。
本社所在地
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-1
代表者名
林 盛曄
資本金
100百万円
従業員数
40名
設立年月
1995年10月
平均年齢
-
この求人は募集期間終了しました。

似ている求人を探す